2009年03月14日 Sat

仏紙講読(4)睡眠時間1

フランス人は一晩に7時間未満しか眠らない――
はてどれくらい大変なことなのか?という感じですが, « Le Monde (avec AFP) » の社会面の記事です。
全文と訳を載せると著作権などの問題になりそうなので,「引用」(citation)で済む程度にしておきたいと思います。始めから順にポイントとなる文章だけ抜き出して,簡単に訳を書きますね。(だから意訳だったり訳出しない語があったりするかもしれません。) 今回も(前回:ずっと前)レベルの高い/使用頻度の高い単語や表現を解説しながら,中上級の語学学習者向けに書いていきます。
 
[...] Les Français dorment de moins en moins, grignotant chaque année quelques minutes sur la durée de leur nuit. En cinquante ans, la réduction du temps quotidien du sommeil a été d'environ une heure et demie.
フランス人は,毎年,その夜の長さを数分ずつ削り,ますます眠らなくなっている。ここ50年で,約1時間半も毎日の睡眠時間が減少している。
ここまでで1度見て分からなそうな単語は « grignoter » ですが,文脈から大体意味は推測できますね。他動詞で「〜を少しずつ減らす・侵食する,かじる・たべる」という意味です。ここではどれくらいずつ減っているのか書いてあったので「少しずつ」という語を入れずに訳しました。ニュアンスは伝わるでしょう……。
Selon un sondage pour l'Institut national du sommeil et de la vigilance (INSV), à l'occasion de la 9e Journee du sommeil, le 18 mars, il apparaît que la durée moyenne des nuits des personnes interrogées est de 6 h 58 en semaine, et de 7 h 50 le week-end (sondage BVA, 12-16 janvier, 1 000 personnes de 18 à 55 ans interrogées par Internet).
回答者の睡眠時間は,平日では6時間58分,週末では7時間50分。
INSVという機関のための世論調査の結果ですね。日本ではなんて訳されるのだ,この機関は。« vigilance » は「不眠・不眠症」。「警戒,用心深さ」も意味するので仏和辞書にはそちらしか出てこなかったりもしますが,ここでは不眠症です。ということは国立睡眠不眠研究所といったところですかね。
BVAというのは調査機関の名前です。インターネット上で,1月12〜16日,18歳から55歳の人が対象で行われたということが示されています。調査結果を研究や仕事に利用したい場合にはあたるのが必須である,質問内容や質問の形式などはここでは示されていませんね。日本の新聞などの世論調査だと,インターネット版の記事にはなくても紙面版には質問内容や形式が詳しく載せられていることが多いので,調査結果の引用の際にはそこまで確認・明記することが必要ですよ☆

それにしても,「睡眠の日」(la Journee du sommeil)なんていうのがあるのですね!?9回目ということですから2000年あたりに出来たのでしょうね。ちょっと調べてみました。
L'INSVのWeb<http://www.institut-sommeil-vigilance.org/>に詳しいページがありました:
L'INSV (Institut National du Sommeil et de la Vigilance). « Journée Nationale du Sommeil 2009 ». <http://www.institut-sommeil-vigilance.org/insv-pages/journee-du-sommeil.php>
我々は75歳までに25年眠るのです!と気を引いておきつつ,このページに3つの目的(un triple objectif)が書いてあります。
- Sensibiliser le public.
- Favoriser le dépistage et rappeler que des structures de soins existent lorsque le sommeil devient pathologique.
- Poursuivre la reconnaissance engagée des troubles du sommeil comme élément de santé publique.
« dépistage » は「(病気の)発見・検診,追跡・探索」,動詞は « dépister » です。« piste » が「跡・手がかり」というような意味なのでそうなるわけですね。ついでに覚えてしまいましょう。
« pathologique » は「病的な,異常な」。« patho- » は大体病気や疾患に関係します。英語でも同じです。
ところで « public » という形容詞は変化(曲用)が面白いですね。女性形になると語末が « -que » になります。こういう変化(曲用)は他にもあります(探してくださいね(笑))。要注意なのは, « grec »  « grecque » になることでしょうか(※意味は「ギリシアの」)。
ただし,この3つの目的の1つ目にある « public » は男性名詞として使われていますので混乱しないでくださいね。

そしてどうやら,この第9回(イベント等もいろいろあるみたいですね)は « Ministre de la santé et des sports » のもとに行われ,« Sommeil et rythme de vie » (睡眠と生活リズム)をテーマにしているんだそうです!(パチパチ〜!)

ん〜もういいや,勝手にやっててください……ということにして次へ行きましょう。

33 % des personnes interrogées, particulièrement les plus de 35 ans, dorment six heures ou moins en semaine, et 17 % le week-end. Un tiers des gens disent mal dormir et 55 % voudraient dormir 8 à 9 heures. Sur une année, il nous manque plus d'un mois et demi de sommeil par rapport à nos besoins.
調査対象の33%,特に35歳より上の人は,週に6時間以下しか寝ない。週末では17%。3分の1の人はよく眠れないと言い,55%は8時間から9時間眠りたいと思っている。必要時間より,1年間で1ヵ月半も睡眠が足りていないことになる。
それだけ毎日眠れたら幸せですよね。なんて。本来は必要なのですよね。
ただ専門家の方が睡眠時間は人によって違うと言うのも聞いたことがあります。4時間寝れば十分な人(short sleepers),8時間寝て十分な人,10時間以上寝ないとダメな人(long sleepers)……。平均で見たときに,短眠の人が増えて数字が減っているのではなく,寝たくても寝られない人が増えているなら問題ですね。詳しいことは日本睡眠学会(http://jssr.jp/)の先生方に聞いてみたほうがよいかもしれません。案外資料も充実していて楽しいです。言葉は少し難しいですが。
因みに,日本は3年前(2006年)の総務省の調査結果だと平均では7.4時間くらい寝ているそうです。それでも年々減っているようですし,それまで日本人は下手したら世界中で一番睡眠時間が少ないと言われ続けてきたそうなので,今回フランスの調査で7時間を切ったことは,それだけ大変なことなのですね。

長くなってきたので,続きは明日
記事にはまだ睡眠時間を短くしている理由と,改善方法が記されていますので,そのあたりを,Le Mondeの記事読者の反応と共に解説したいと思います☆

本文中紹介以外の出典・資料:
LeMonde.fr avec AFP. « Les Français dorment moins de sept heures par nuit ». Le Monde.fr. <http://www.lemonde.fr/societe/article/2009/03/11/les-francais-dorment-moins-de-sept-heures-par-nuit_1166292_3224.html>. 11/03/2009.
総務省統計局「統計局:社会生活基本調査」 <http://www.stat.go.jp/data/shakai/2006/>.

【今日もありがとう!クリック投票お願いします】
にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへにほんブログ村 その他ブログへ
(ブログ村説明(新)|↑クリックが励みになりますm(__)m)
1日1回,クリック募金に参加!


posted by Yuppy at 12:31 | Off | Comment(0) | TrackBack(0) | BlogMURA
edit | BookMark: () | このブログの読者になる| 更新情報をチェックする| メッセージを送る
この記事へのコメント
※お返事はReply記事でいたします(詳細:コメントポリシー(別窓))
コメントを書く
お名前[必須入力]: 

メールアドレス[非公開]: 

Weblog/Website(URL): 

上記の情報を保存

コメント[必須入力]: 

認証コード [必須入力]:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントポリシーをお読みください(別ウィンドウで開きます)
※コメントの表示にはブログ管理人の承認が必要です
この記事へのトラックバックURL
トラックバックポリシーをお読みください
※ブログ管理人が承認したトラックバックのみ表示されます

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。