2009年03月15日 Sun

仏紙講読(5)睡眠時間2

昨日の続き,フランス人の睡眠時間調査結果についてです。
睡眠時間をこんなにも奪っている原因はどこにあるというのでしょうか。そして,どうやったらよい眠りが手に入ると言っているのでしょうか。
 
Parmi les raisons de ce sommeil insuffisant, le professeur Damien Léger, président du conseil scientifique de l'INSV, cite l'"électronicisation" des chambres, avec réveils lumineux, télévision, radio, téléphone portable, ordinateur... [...] Il relève aussi une insomnie des 25-35 ans, due notamment au stress de la première expérience professionnelle.
不十分な睡眠の原因の1つとして,ダミヤン・レジェール教授(INSVの科学(諮問)委員会の主席)は,テレビ・ラジオ・携帯電話・パソコンなどによる部屋の"électronicisation"をあげている。彼はまた,25〜35歳の不眠症は,とりわけ,職業上初めての経験をすることによるストレスが原因だとも指摘する。
お名前の割に非常に訳しにくい(複雑な)言葉をお使いになる先生ですね(笑)
形容詞« -iser » で「〜化する」となるのが普通ですが,さらにそれを状態・結果などの意味で名詞化した « -tion » です(英語と同じ)。でもここでは特に訳出する必要もなさそうですね。
この記事の読者の中にこの点を皮肉った人がいました。Alainさんの発言ですが,「2回も読まなきゃいけなかったよ。言葉がこんな風に進化し続けるなら,眠るのを我慢するのも無理ないね。
えぇまったく(笑)

4月から仕事を始める身としては……不眠症になるのが怖いですね(苦笑)
13 % des Français font la sieste dans la journée, mais selon le professeur Léger, "ils font des siestes trop longues, de 1 heure ou 1 h 30", qui grappillent sur le temps de sommeil de la nuit suivante [...]. Les siestes "d'un quart d'heure ou 20 minutes" sont recommandées, y compris sur le lieu de travail. [...]
13%のフランス人は昼寝をするが,レジェール教授によると,彼らは長く昼寝をしすぎで(1時間か1時間半寝る),夜の睡眠を妨げているという。昼寝は15分から20分がよい(職場でも)。
寝すぎちゃいけないってよく言いますよね。休みの日に昼寝してつい10時間とか「あぁあやっちゃった」と思って後悔するのはわたしです。(ねぇ1の後に0ついてない?) この後省略しましたが,「昼寝はいい!」みたいな文章でした。

次は怖い不眠(不十分睡眠)の結果です。
Le manque de sommeil est lourd de conséquences, favorisant l'obésité et le diabète, mais aussi les affections cardio-vasculaires ou psychiques telles qu'anxiété ou dépression. Sans compter que selon l'Association des sociétés françaises d'autoroutes, la somnolence est la première cause d'accident sur autoroute (1 sur 3), avant l'alcool (1 sur 6) et la vitesse (1 sur 10).
肥満(obésité)に糖尿病(diabète)に心血管疾患,不安や鬱状態といった精神疾患……。(うわぁ)
そして自動車事故……。(ひぇえ) なんと,高速道路での事故の原因では,居眠り運転がダントツの1位だと書いてありますね。(アルコールでも,速度でもなく。)
次の段落には「事故まで至らなかったけれど危なかった!」を起こした人が居眠りで年間150万人いるというデータがありました(省略)。

では,よく眠るにはどうしたらよいのでしょうか:« Pour bien dormir » と題されたところを読むと,
「週末を含めて,毎日同じ時間に寝起きすること」(se coucher et se lever tous les jours à la même heure, week-end compris),「はじめのあくびでベッドに入ること」(aller au lit dès les premiers bâillements),「さもなくば」(faute de quoi) ……「眠気がどこかへ行ってしまい,次のサイクルである90分後まで戻ってこない」(l'envie de dormir passe et ne reviendra qu'au prochain cycle, après 90 minutes)。

……脅しだぁ。(違います)
眠くないときは,次のサイクルを待った方がよいのだそうです(Si le sommeil ne vient pas, mieux vaut se lever et attendre le prochain cycle.)。

避ける(eviter)べきことはなんでしょうか。「夜にスポーツをすること・アルコール・たばこ」(le sport le soir, l'alcool et le tabac)。なんだかそれらしくなってきましたね。
「夕食はよくもつ炭水化物中心に軽く」(dîner léger à base de glucides lents),そして部屋の温度は18℃にして暗くして寝てください。とのことです。

読者の反応の中には,「つまりやつらは機械的な規則正しい生活がしてほしいんだろ!」と言わんばかりのコメントもありました……。毎日同じ時間に寝起きできたらいいですけど,いろいろ仕事や誘惑の多い現代ではなかなかできないですよね。

一番多かったのは「夏時間(summer time)」(heure d'été ; horaire d'été)への反対意見。記事中には一切出てきていないのに,結構皆さん夏時間に悩まされているようです。生活リズムが整っても,1時間ずらさなきゃいけなくなりますからね。日本の例を挙げて議論していた人もいます。「経済的な理由で夏時間を導入するなんて。日本なんか1度も何の夏時間も導入していない。」67歳の人(?)も,なにやら難しい単語を沢山使って反対してらっしゃいました。
でも日本在住の方が,その反対意見にまた反論していらっしゃいます。「日本では夏時間を導入すべき。真夏,7時8時で夜になると,滅入る。」とのことです。どうやらそれにまた反論がついて……,まとめると,フランス人は夏時間にちょっと不満らしい,ということ,にしておきましょうか!(笑)
夏時間がなくても現代日本では,不規則なことが多いですよね。電車は規則的なのに。ヨーロッパのように日が長くないのだから,日本では季節時間があってもいいと思ってはいたのですが,交通機関のダイヤとか仕事とかのことを考えると面倒なのですよね。工夫次第,で社会は動かなさそうだけれど,そうできたらいいですね。

記事はここまでなので,今日はこの辺でおしまいにします。
次は,この記事を使って,時間に関する表現・数字をつかった表現についてまた書こうと思います。

出典:
LeMonde.fr avec AFP. « Les Français dorment moins de sept heures par nuit ». Le Monde.fr. <http://www.lemonde.fr/societe/article/2009/03/11/les-francais-dorment-moins-de-sept-heures-par-nuit_1166292_3224.html>. 11/03/2009.
<http://www.lemonde.fr/societe/reactions/2009/03/11/les-francais-dorment-moins-de-sept-heures-par-nuit_1166292_3224.html>.


posted by Yuppy at 14:40 | Off | Comment(0) | TrackBack(0) | BlogMURA
edit | BookMark: () | このブログの読者になる| 更新情報をチェックする| メッセージを送る
この記事へのコメント
※お返事はReply記事でいたします(詳細:コメントポリシー(別窓))
コメントを書く
お名前[必須入力]: 

メールアドレス[非公開]: 

Weblog/Website(URL): 

上記の情報を保存

コメント[必須入力]: 

認証コード [必須入力]:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントポリシーをお読みください(別ウィンドウで開きます)
※コメントの表示にはブログ管理人の承認が必要です
この記事へのトラックバックURL
トラックバックポリシーをお読みください
※ブログ管理人が承認したトラックバックのみ表示されます

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。