2007年08月09日 Thu

強さと優しさ:サイレンの鳴らない町から

広島に原爆の落ちた時刻
長崎に原爆の落ちた時刻
何万という人の存在が一瞬で消し去られた時刻

その時刻になっても,わたしたちの町ではサイレンは鳴りません。
 
日本のどれくらいの都市が鳴らしているのかなぁと思って,ちょっと調べてみたら,(リストも作ったのですが載せないことにしました)やはり都市を挙げて取り組んでいるところは少ないようでした。

日本全国でやるようにすればいいのに。。。
呼びかけをしている町では,
忘れていたけれど,サイレン(あるいは無線での呼びかけ・鐘などの音や表示等)で思い出した
と話す人も多くいると聞きます。

また,今年から「平和の鐘、一振り運動」という運動が,つくば市の市民グループによって呼びかけられ,長崎原爆時刻に全国22箇所のお寺や教会の鐘が鳴ったそうです(情報:NHK)。
こういう活動もどんどん広がっていくといいなと思います。


非核平和都市宣言をしている市も少ないそうです。
http://www.nucfreejapan.com/siryou_2.htm (非核宣言自治体)

こういうの見ていてつくづく思うのは……
やはり「必要なのは当事者意識」かなということです。

核廃絶に,広島や長崎だけが頑張ればいいものじゃない。
沖縄戦や基地の問題は,沖縄や基地のある都市だけ熱くなればいいわけじゃない。


広島平和記念式典で子どもたちが言いました。
嫌なことをされたら相手に仕返しをしたい,そんな気持ちは誰にでもあります。でも,自分の受けた苦しみや悲しみを他人にまたぶつけても,何も生まれません。同じことがいつまでも続くだけです。
平和な世界をつくるためには,「憎しみ」や「悲しみ」の連鎖を,自分のところで断ち切る強さと優しさが必要です。

この言葉を聞いたとき,あのレバノンの少年の目を思い出し,この子どもの宣言を彼らと共有できたらどんなにいいかと思いました。

「『強さと優しさ』によって,憎しみや哀しみの連鎖を断ち切る。」
それは容易なことではありません。

でも,それをしない限り,
「過ち」が「繰返」されることとなんら変わりはないのです。


わたしたちがそれをしないで,誰がするのですか。
いつまで待てばよいのですか。
いつまで嘘をつかなければいけないのですか。
広島の地に刻んだあの言葉を,全人類が実施するのは
今じゃないのですか。
わたしから,あなたから,始めたっていいのです。

【読んでくれてありがとう↓クリック投票をお願いします】
にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ ことばへにほんブログ村 その他ブログへ
(ブログ村説明(新)|↑クリックが励みになりますm(__)m)
1日1回,クリック募金に参加!



今日の参考リンク:

日本非核宣言自治体協議会:
http://www.nucfreejapan.com/

広島市:広島市

長崎平和宣言(当Weblog昨年記事中のリンクと同じ):長崎平和宣言

昨年記事を書いた後に出会ったWeblog(ずっとご挨拶・ご紹介しそびれたままでしたm(__)m),
ぼんでんの徒然日記(ぼんでんさん)―本日お書きになっている記事


(……わたしは広島も長崎も運悪く訪れたことがないので,早いうちに行ってみたいと思っています。)

posted: 2007-08-10 01:44:08
posted by Yuppy at 23:58 | Calendar | Comment(1) | TrackBack(0) | BlogMURA
edit | BookMark: () | このブログの読者になる| 更新情報をチェックする| メッセージを送る
この記事へのコメント
TBありがとうございました。 そして、私のブログの紹介までしてくださってありがとうございました。
Yuppyさんの記事拝見しました。長崎では、広島・長崎の原爆投下時刻、そして終戦記念日の正午にサイレンが鳴り響きます。私は、昔は全国でもサイレンは鳴らされていると思っていたのですが、それは少数なんですね。私も一時期神戸、下関と長崎以外も住んでいたことがあるのですが、サイレンはならなかったです。広島、長崎に原爆が落とされた日さえ知らない若者も増えているといいます。
長崎では、夏休みの間でも8月9日は小中学校は登校日となります。この日は平和学習となります。被爆者の被爆体験を聞いたりして、平和がいかに大切かということを学びます。
先日、あるテレビ番組で愛の反対は憎しみではなく無関心だという故マザーテレサの言葉をしょうかいしていました。私もなるほどなと思いました。
Yuppyさんが記事にかかれているように当事者意識は必要だと思います。一番悪いことは平和に関して、原爆に関して、戦争に関して無関心であるということは、再びあの日が繰り返されるかもしれないということだと思います。世界中の人が核兵器について、平和についてもっと関心をもって欲しいと思います。
ブログ村ポチっとしました。これからもブログの更新がんばってくださいね。

posted by ぼんでん at 2007年08月10日 04:00
※お返事はReply記事でいたします(詳細:コメントポリシー(別窓))
コメントを書く
お名前[必須入力]: 

メールアドレス[非公開]: 

Weblog/Website(URL): 

上記の情報を保存

コメント[必須入力]: 

認証コード [必須入力]:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントポリシーをお読みください(別ウィンドウで開きます)
※コメントの表示にはブログ管理人の承認が必要です
この記事へのトラックバックURL
トラックバックポリシーをお読みください
※ブログ管理人が承認したトラックバックのみ表示されます

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。